就職は「会社」ではなく「職」で選んで

代表取締役社長 坂西 宏之
坂西精機株式会社
代表取締役社長 坂西 宏之さん

○就職活動をするうえで考えてほしいこと
社会人になると「世のため、人のため」に行動する必要があり、「職業」はその手段の1つとしてあると思います。社会に貢献する、それが働くということです。
そして就職を考える上で「どんな会社で働きたいか」ではなく、「どんな職(職種)につきたいのか」を考えてみてください。そうすることで、会社の規模は関係なく、自分の「やりたいこと」に就職することにつながります。そのためにも、大企業・中小企業関係なく、様々な「職(職種)」をしっかり見て勉強して選んでください。

○面接でのポイント
面接時には、自分を出してほしいですね。いかにも面接対策をしている受け答えはもったいないです。面接官に「一緒に働きたい」と思わせることが大事です。
ちなみに、弊社の求める人物像は「勇気・やる気・元気」がある人です。常に目標を持ち、それに向かって挑戦し、継続して取組み、苦しい時にも笑い飛ばして頑張れる人を求めています。
面接ではそういう人間性や人柄を重視していますので、皆さんも失敗を恐れず自分なりの答えをしてください。