入社後の「伸び率」に期待!!

支社長 木村 有
ネオフォトニクス・セミコンダクタ合同会社
支社長 木村 有さん

私は新卒者に最も必要なものは、大きく分けて次の2つだと思っています。
1つは「伸び率」。今までに何をやっていたかよりも、今後どれだけ吸収できるかということが大切だと思います。そのためには基礎学力や学習効果、エネルギー、夢、努力、忍耐力などの「器」の大きさが重要になってきます。「器」の中に入れるものは入社してから身につければいいと考えています。
もう1つは「コミュニケーション力」。皆さんの「器」で吸収しインプットしたものを、新製品開発やプレゼンテーションなどの際にアウトプットすることも大切です。これを的確かつ迅速にできることも社会では求められています。特に海外と取引がある弊社では、日本人ならではの「察してください」が通用しません。なぜならご存知の通り、海外では習慣や文化が異なるので、感じ方が大幅に違うことも多々あり自分の常識が効かないからです。そのためコミュニケーションは必要不可欠であり、これができれば大きな強みになります。