就職活動中の学生へのアドバイス

代表取締役 北島伸高
株式会社ケイアイ
代表取締役 北島伸高さん

● 就職活動中の学生へのアドバイス
今、就職活動中の学生の悩みの多くは、本当にやりたい仕事が見つからないことだと思います。ただ、これまで学生の立場で世の中のことを断片的にしか見ていないのだから、やりたいことが見つからないのは不思議なことではありません。むしろ当たり前のことだと考えていいと思います。
もちろん今やりたい仕事がある人もいると思いますが、それらは入社後に変わってしまうこともあります。以前私は大型トラックの運転手として働いていて、その仕事を気に入っていました。しかし、親父の跡を継いでほしいと説得されて今の会社に入社したので、最初は不本意極まりない状況だったのです。でも、そうした気持ちも少しずつ変化していきました。それどころか、業務を通じていろいろな人と出会ったり、地域の人に可愛がってもらえるようになったりしてこの仕事が楽しくなっていきました。
そうした心境の変化は、以前の自分には考えられないことです。なので、今興味のない仕事でも実際に経験していろいろなことを知るなかで、逆に好きになってしまうようなことはよくあるのです。要するに先のことは誰にも分からないので、「なるようになるさ」くらいの気持ちで就職活動に取り組むことがうまくいく秘訣だと思いますね。

● 当社の求める人物像とは?
最近では、新卒で入った会社を1~2年で退職する若い人も増えていますが、その理由のほとんどは、職場の環境(人間関係、労働状況)にあるようです。そうしたなか、何よりも社員が働きやすい環境づくりに注力している点は、私たちの会社は大手の会社に唯一対抗できると考えています。でも、こうした職場の環境づくりは、社内のルール決めだけではなく社員全員が協力しようという気持ちがないとうまくいかない面もあると感じます。そこで、周りの人と協力して何かをすることが好きだったり、今自分がやっていることは「人としてどうなの?」と考えられたりするような人にぜひ入社してほしいと思います。