HOME 八王子市

労働セミナー開催します(東京都からのお知らせ)

「~準備は万全ですか? いわゆる2018年問題~ 契約社員の無期転換と、労働者派遣の期間制限」

平成25年に施行された法律により、契約期間が1年の有期契約労働者の無期転換権が、平成30年4月1日から発生します。
また、平成27年施行の労働者派遣法の改正により、派遣先事業所単位の派遣期間制限に加え、派遣先労働者個人単位でも3年を限度とする期間制限が規定されましたが、その最初の期限が来るのが平成30年(2018年)9月30日です。これらは、いわゆる2018年問題と言われ、対応するためには、労働契約法や労働者派遣法の改正内容の正確な理解が必要です。

本セミナーでは、上記を中心とした労働契約法、労働者派遣法の改正内容を整理し、解説します。
また、働き方改革関連法案、同一労働同一賃金等、多様な働き方に関連の深い最近の動きについても取り上げます。

日時:①2月27日(火) ②3月1日(木) 両日とも14:00~16:00

内容:

有期契約と雇止め、無期転換申込権の制度と留意点、無期転換後の労働条件・就業規則の留意点

派遣労働者の無期転換・期間制限、派遣先に必要な制度整備、働き方改革関連法案・同一労働同一賃金等最近の動向

会場:八王子労政会館(八王子明神町3-5-1)

対象:使用者、企業の人事労務担当者、テーマに関心のある方

定員:60名

費用は無料です。申し込みや詳細については、タイトルリンクからご覧ください。

テレワーク体験セミナー開催します(東京都からのお知らせ)

「1月度テレワーク体験セミナー~テレワークで変わる働きやすい職場環境へ~」

東京都は、「テレワーク体験セミナー」を都内各地で開催しています。
ICTを活用し、時間や場所を有効に活用できる柔軟な働き方であるテレワークは、
「働き方改革」にも有効な手段として期待されています。
本セミナーでは、テレワークの導入等を検討している企業等に対して、
テレワーク全般の動向、労務管理上の留意点、導入企業事例の紹介とテレワーク体験を行います。

【開催日】
第15回 1月18日(木)14:00~16:00 蒲田会場
第16回 1月25日(木)14:00~16:00 文京会場
第17回 1月31日(水)14:00~16:00 八王子会場

第15、17回は、コワーキングスペースでの実施になります。
セミナーご参加とともに最近話題のコワーキングスペースを見ることができます
((先日openいたしました、八王子駅から徒歩5分の「fabbit八王子」が会場です!))

【定員】各回20名(1社2名まで)※応募が定員に達し次第、受付終了

【費用】無料

【セミナープログラム】
■中小企業の経営課題を解決する働き方改革とは
概要:働き方改革とは/テレワークとは
制度:テレワークを導入する上で必要なルールとは
ツール:今あるものでできるテレワーク
事例:身近なテレワーク導入事例
■テレワーク体験
テレワークで働くことを想定した「職場での1日(モデルケース)」
■センター紹介・助成金
東京テレワーク推進センター、テレワーク導入の助成金等の紹介

【登壇者】
第15回/第16回 中本英樹(日本テレワーク協会主席研究員)
第17回 成瀬岳人(ワースタイル・コンサルタント)

【お問合せ先】
東京テレワーク推進センター 事務局
電話: 03-3868-0708

申し込みや詳細については、タイトルリンクからご覧ください。

1月4日・5日を休んで連続休暇に

仕事は計画を立てて行うもの。それでは休暇は?
年次有給休暇の取得は、心身の疲労回復などのために大切なことです。

それだけでなく、年次有給休暇を取得しやすい環境は、仕事に対する意識やモチベーションを高め、仕事の生産性を向上させ、企業イメージの向上や優秀な人材の確保につながるなど、企業と労働者の双方にメリットがあります。

働いているみなさまへ

年末年始の前後に「プラスワン休暇」を取得すれば、連続休暇にすることができます。
心と身体のリフレッシュのために、年次有給休暇も計画的に取得してみてはいかがでしょうか。

経営者のみなさまへ

一定の要件の下、年次有給休暇を計画的に(一斉に)割り振れる制度「計画年休」があります。ぜひ導入をご検討ください。

※詳細についてはタイトルリンクよりご覧ください。

「はちおうじ就職ナビ」で若者に貴社をアピール

多くの若者に八王子市内の企業を知っていただくきっかけとなるよう、はちおうじ就職ナビに掲載している中小企業に就職した市内在住の若者に奨励金を交付する制度「はちおうじ若者奨励金」を平成27年4月から開始しました。
そこで、貴社の企業情報もぜひ掲載してみませんか。詳細についてはリンクよりご覧ください。

 

市内の中小企業に就職した若者に奨励金を交付!

八王子市では、中小企業の人材確保支援のため、「はちおうじ就職ナビ」に掲載されている中小企業に就職した、市内在住の若者に、奨励金(10万円)を交付する制度を実施しています。
申請期間は就職後1年以内となりますので、該当の新入社員の方がいましたら、ぜひお声かけください。
詳細についてはリンクよりご覧ください。

中小企業の研修をバックアップ!最大100万円助成

東京都では、社員教育・人材育成に取り組む中小企業に対し助成金を支給します。

対象となる訓練は以下の通りです。

  • 都内で行われるOFF-JT(集合して行われ、通常の業務と区別できる訓練)
  • 出席率が8割以上の受講者が2人以上の訓練
  • 訓練時間
    ①自ら企画して実施する場合は6時間以上12時間未満。
    ②中小企業事業主が教育機関に派遣して実施する場合は6時間以上20時間未満。

支給額は、一人1時間あたり一律430円です。

ぜひ、社員教育にご活用ください。

詳しくはこちら→ 東京都産業労働局ホームページ 東京都中小企業職業訓練助成制度

人材確保のサポートをいたします!

東京しごと財団では、人材確保でお困りな企業様をサポートする「企業向け支援」を実施しています。

●求人の受付・人材情報の提供や採用イベントの実施などの「採用支援」

●採用等の各種セミナーや若手社員向けのビジネス力アップ講座などの「定着支援」

●最大助成額500万円!職場環境整備の支援を含む「雇用環境整備支援」

そのほかにもさまざまな人材確保支援事業を行っています。お気軽にご相談ください!

詳細はこちら→ 東京しごと財団 企業向けリーフレット

【お問い合わせ先】東京しごとセンター多摩(TEL: 042-329-4510)

育休復帰支援!助成金支給します

厚生労働省では、中小企業事業主が、育休復帰支援プランを作成・実施し、労働者が育児休業を取得した場合及び職場復帰した場合にそれぞれ30万円の助成金を支給しています。

ぜひご活用ください。詳しくは厚生労働省HPへ。

働きやすい職場環境の整備を応援!最大500万円助成

①積極的に女性を採用・配置する計画をしている中小企業等に対し職場環境の整備にかかる費用(例:トイレの改修、ロッカーの新設など)を助成します。
②子育て・介護等の両立ができるように、都内中小企業等が取り組む職場環境の整備にかかる費用(例:モバイル端末等整備費用、介護休業等に伴う代替要員等に係る人件費など)を助成します。

ぜひ、職場環境整備にご活用ください。詳しくは、(公社)東京しごと財団のホームページをご覧ください。

中小企業の研修をバックアップ!

東京都では、中小企業において新入社員研修などを自ら実施、もしくは教育機関等に派遣した場合に、助成金を交付します。詳しくは、東京都産業労働局「中小企業職業訓練助成金」をご覧ください。

中小企業事業主の皆様へ「若年者・女性雇用奨励金制度」ご案内

市では、若年者・女性の雇用の安定及び促進を図ることを目的として、国の「トライアル雇用」終了後引き続き常用雇用者として3ヶ月以上雇用した中小企業事業者に対して奨励金を交付します。

 

中小企業の福利厚生はやまゆりセンターへお任せください!

中小企業で働く事業主と従業員の方々に福利厚生事業を提供しています。慶弔給付金の給付や定期健康診断等の助成が受けられます。会費は1人月450円(入会金は300円)。新規にご入会いただいた事業所には会員1人につき1,350円(会費3か月分)の助成があります。詳しくは、やまゆりセンター(公益社団法人八王子市勤労者福祉サービスセンター電話042-620-7380)へ。

 

東京都立多摩職業能力開発センター卒業生の就職先を募集

東京都立多摩職業能力開発センター八王子校では、メカトロニクス科などで学び都内の企業へ就職しています。就職率はほぼ100%ですが、最近は地元の企業で働きたいという方が増えてきました。そういったなか、八王子市内の企業の皆さんで、同校卒業生の採用に興味のある企業の方は、下記までご連絡ください。
東京都立多摩職業能力開発センター八王子校(電話042-622-8201白阪)までご連絡ください。

 

採用選考に関する企業の倫理憲章

新卒者向けの求人募集をする際にはこちらを参考にしてください。

 

高校生求人の取り扱い方法

高校生向けの求人を提出する際にはこちらを参考にしてください。

 

新規学校卒業者の採用に関する指針

新卒者向けの求人募集をする際にはこちらを参考にしてください。

 

「若者応援企業宣言」をしませんか?

厚生労働省では、一定の労務管理の体制が整備されており、若者のための求人を提出し、若者(35歳未満)の採用・育成に積極的であり、通常の求人情報よりも詳細な企業情報・採用情報を積極的に公表する中小・中堅企業を「若者応援企業」として、積極的にPR等を行う事業です。