HOME 八王子市

journal-content-title01

はちおうじ就職ナビにおいて企業に応募する場合には、各企業の求人情報ページに記載された「応募・問い合わせ」に電話もしくはメールによりご自身で連絡をしていただきます。企業へ連絡する際のメールの例とポイントを記載します。

journal-content-deco01

応募方法例メールを見る

journal-content-icon01
01

簡潔で分かりやすいこと

「拝啓」や時候の挨拶は省略してOKです!

02

必要最低限の基本情報が記載されていること

長文の自己PRもメールによる連絡では避けたほうが無難です。

03

ズバリと内容がわかる件名をつけること

企業の人事担当者は1日に何十通ものメールを受信します。メールを送る際の件名は、本文の内容を簡潔にまとめたものにすることが大切です。

04

携帯電話からのメール送信は避けたほうが無難

個人のパソコンやアドレスがない場合は、WEB上の無料メールサービスを利用して下さい。


journal-content-icon02
01

最低限のマナー:名前を名乗る

電話のマナーにおいて一番の基本です。
就職活動中に知らない番号や非通知設定から電話がかかってきた時はほとんどの場合が企業からの電話です・・・
もっと読む

最低限のマナー:名前を名乗る

電話のマナーにおいて一番の基本です。
就職活動中に知らない番号や非通知設定から電話がかかってきた時はほとんどの場合が企業からの電話です。

確かに知らない番号や非通知設定から電話がかかってくると警戒してしまう気持ちもあると思いますが、ぐっと我慢して、まず「はい、○○です。」と名前を名乗るようにしましょう。

また、こちらからかける時も「すいません、説明会の予約をしたいんですけど」と
いきなり用件から入るのではなく、「私、○○大学の○○と申しますが…」
まずは名前を名乗りましょう。
こちらから電話をかける時もかかってきた時も、マナーとしてまずは名前を言うこと心掛けてください。

02

用件を伝える

名前を名乗ったら用件を伝えましょう。電話に出るのは人事担当者とは限りません。なぜ電話してきたのか、誰宛に連絡してきたのかを伝えましょう・・・
もっと読む

用件を伝える

名前を名乗ったら用件を伝えましょう。電話に出るのは人事担当者とは限りません。まずは「はちおうじ就職ナビでの求人情報を拝見し、お電話させていただきました。担当の○○様はいらっしゃいますでしょうか。」といったように、なぜ電話してきたのか、誰宛に連絡してきたのかを伝えましょう。

続けて、人事担当者に電話を取り次いでもらったら、「お忙しいところ申し訳ありません。はちおうじ就職ナビでの求人情報を拝見し、応募方法などをご教示いただきたくお電話させていただきました。」など、再度用件を伝えましょう。

最後は、「お忙しいところありがとうございました。失礼いたします。」と伝えて電話を切ります。なお、こちらから掛けた電話は相手が電話を切るまで、切らないのがマナーです。

03

電話をかける時間帯に気をつける

企業には非常に忙しい時間帯があります。企業に電話をかけるのに一番いい時間帯を考えましょう・・・
もっと読む

電話をかける時間帯に気をつける

■朝9時~11時ごろ
始業開始後は前日からの引き続きの業務や、その日にやる業務の打ち合わせなどで忙しい

■夜18時~20時ごろ
その日の業務の追い込みや、翌日の業務の打ち合わせなどで忙しい

企業からその時間帯に電話するように指定があった場合は別ですが、この時間帯は極力電話をしないようにしましょう。また、企業によっては電話に出ることができない時間帯もあります。

■午後12時~13時
この時間帯は昼食に出ているので、電話をかけても不在の場合が多い。

■夜20時以降
終業時刻以降ですので帰社していることが多いですし、夜遅くに電話をかけるのはマナーにも反しています。

■休日・祝日
当然ですが、休日祝日は休みの場合がほとんどです。

つまり、企業に電話をかける時間帯は平日の14時~18時の間がマナーとしても良い時間帯だといえます。

journal-content-title02

就職活動では電話の対応やマナーも評価にはいります。電話対応も面接の一環と考えて取り組みましょう。逆に電話対応や電話でのマナーがしっかりしていれば評価も上がります。また、実は就職活動ではこちらから企業に電話をかける場合と、企業からの電話を受ける場合があります。いつ電話がかかてきてもいいように、あらかじめ対応方法やマナーを頭に入れておきましょう。

journal-content-deco02

パターン別対応例1を見る
電話に出ることが出来ずこちらからかけ直す場合

パターン別対応例2を見る
電話を受ける場合

パターン別対応例1:電話に出ることが出来ず、こちらからかけ直す場合

就職活動において、こちらから電話をかけるパターンで一番多いのが、かかってきた電話に学校の授業や他の企業の説明会などで出ることができず、こちらからかけ直すパターンです。

bad-pattern

企業:「はい、○○商事です。」
学生:「すいません、電話がかかってきてたんですけど。」
企業:「失礼ですが御社名をいただいてもよろしいでしょうか?」
学生:「あっ、いや…○○大学の○○と申します。」
企業:「あっ、選考を受けられている方ですね。人事担当のほうへお繋ぎいたしますので少々お待ちください。」
学生:「すいません…。」

これはまず最初に名前を名乗らなかったので電話を受けた人が取引先からの電話と間違えたのです。
まずは最初に名前を名乗ってから電話がかかってきていたということを伝えましょう。

「お忙しいところ申し訳ございません」を付け加えるとさらに◎です!
採用担当の名前が分かる場合は「採用担当の○○様はいらっしゃいますでしょうか?」までいえると合格です!

good-pattern

企業:「はい、○○商事です。」
学生:「お忙しいところ申し訳ございません。私、○○大学の○○と申します。先ほどお電話をいただいていたようなのですが、採用担当の△△様はいらっしゃいますでしょうか?」
企業:「はい、△△ですね。少々お待ちください。」
学生:「はい、お願いします。」
採用担当:「お電話かわりました。△△です。」
学生:「お忙しいところ申し訳ございません。私、○○大学の○○ですが、先ほどお電話をいただいていたようですので折り返させていただきました。」

電話が採用担当者に代わった際にも、もう一度名前を名乗りましょう。
これでこちらからかけ直す場合の対応は完璧です!

パターン別対応例2:電話を受ける場合

電話をかけるときはあらかじめ話したいことを準備することができるのですが、かかってきた場合は突発的に分からないことを聞かれたりするので、慌ててしまいがちです。

bad-pattern

学生:「もしもし?」
企業:「私、●●商事の△△です。○○さんですか?」
学生:「そうですけど。」
企業:「この度、一次選考を通過とさせていただきましたのでその旨をお伝えいたします。」
学生:「はい。」
企業:「それでは次の面接の日時を…」

これも先ほどと同じで名前を名乗っていないのですごく印象が悪いです。
また、受け答えもぶっきらぼうで、「この人は本当にウチに入りたいのかな?」という印象を持たれてしまいます。
面接通過などの知らせの場合は少し大げさなくらいに「ありがとうございます!」といえば印象はかなり良くなります。

good-pattern

学生:「はい○○です。」
企業:「私、●●商事の△△です。この度、一次選考を通過とさせていただきましたのでその旨をお伝えいたします。」
学生:「ありがとうございます!!」
企業:「それでは次の面接の日時を…」

まずは電話に出るときに名前を名乗りましょう!
名前を名乗ることで話も早くなり、スムーズに会話を進めることが出来ます。

就職活動中は全てのコミュニケーションが評価の対象になります。
面接以外の、電話対応やメール配信などでも十分に気をつけましょう!


journal-content-title03

就活が本格化するとビジネス上のマナーがとても重要になってきます。本格的なマナーは社会人になってから覚えればいいので、ここでは相手に不快感を与えないための基本的なマナーをお教えます。

マナーについてのQ&A
Q1

「御社」と「貴社」の違いは何ですか?
また、「様」と「御中」の使い分けを教えてください。

Answerを見る

「御社」と「貴社」の違いは何ですか?
また、「様」と「御中」の使い分けを教えてください。

まず「御社」と「貴社」の違いですが、一般的に、文章やメール上では相手の会社のことを「貴社」と書き、それに対し、「御社」は口頭で使います。どちらも、会社を立てた言い回しなので、どのシーンでどちらを使っても問題はありません
「御中」と「様」の使い分けに関してですが、会社名や部署名の下につけるのは「御中」。相手の名前の下には「様」をつけるのが基本です。例えば、企業の採用担当者の名前がわからず会社の資料を送ってもらいたい場合は、「人事部採用係 御中」とします。「採用係」は部署名なので「御中」をつけますが、「採用ご担当者」の場合は名前に相当するため「採用ご担当者様」とします。

Q2

企業から電話が掛かってきましたが、出ることができませんでした。掛け直すべきでしょうか?またその際の電話対応に注意点はありますか?

Answerを見る

企業から電話が掛かってきましたが、出ることができませんでした。掛け直すべきでしょうか?またその際の電話対応に注意点はありますか?

折り返しの連絡が必要か否か、まずは留守番メッセージなどを確認してみましょう。掛け直す際には、必ず学校名・氏名・電話が取れなかった旨を伝えましょう。特に最近は、名乗らない方が増えていますので注意してください。また、口頭での連絡となりますので、手帳やメモなどを手元に用意しておくと良いでしょう。
掛け直す際は時間にも気を配ってください。遅くなってしまった場合は翌日に掛け直します。また、「この番号から電話があったんですが・・・」等は印象が悪くなります。「お電話を頂いた件で折り返し連絡をしました」等、言葉づかいは常に気をつけて下さい。


面接についてのQ&A
Q1

面接で他社・他業界の進捗状況をよく聞かれます。加えて、「当社は第1志望ですか?」とも聞かれます。質問のねらいは何でしょうか?

Answerを見る

面接で他社・他業界の進捗状況をよく聞かれます。加えて、「当社は第1志望ですか?」とも聞かれます。質問のねらいは何でしょうか?

企業は自社に真剣に入社したいと考えている人に入社してもらいたい。「どこでも良い」という人に入社してもらいたくはないのです。今はほとんどの人が、色々な企業を訪問して比較検討している事は企業も容認しています。しかし、企業は自社に入社意志が強い人に入社してもらいたいと考えていますので、他社の状況ではなく、意志の所在を確認しているのです。

Q2

エントリーシートで自己PRや志望動機を書いているのですが、面接でも聞かれたら、同じ内容を話せばよいのでしょうか?
また、学生時代に一番力を入れたことは?という質問には、いろんな挑戦をして、苦労したことなどを書こうと思いますが、大丈夫でしょうか?

Answerを見る

エントリーシートで自己PRや志望動機を書いているのですが、面接でも聞かれたら、同じ内容を話せばよいのでしょうか?
また、学生時代に一番力を入れたことは?という質問には、いろんな挑戦をして、苦労したことなどを書こうと思いますが、大丈夫でしょうか?

面接でもエントリーシートや履歴書と同じ内容を話してください。面接官はあなたを知る資料としてエントリーシートや履歴書を見ながら面接するので、同じ話をすればよいのです。しかし、ただ暗記して棒読みするだけでは相手に伝わりません。自分なりの言葉で話す、エントリーシートだけでは伝えきれなかったことを含めて話すようにすると、よりリアルに伝えることができますよね。
また、「学生時代に一番力を入れたこと」という質問ですが、挑戦したこと、苦労したことを書くことは問題ありません。ただ、いろいろ挑戦した、だけでは抽象的すぎます。具体的にどんなことに挑戦したのか(なぜ挑戦しようと思ったのか)、挑戦するにあたりどんなことをやってみたのか、どんな苦労があったのか、どうやってそれを克服したのか、その結果、どんなことを得られたのか、またどんな課題ができたのか…etc
これらのことを話すと説得力も増しますし、あなたを伝える良い自己PRになるのではないでしょうか。

Q3

面接の基本を、教えてください。

Answerを見る

面接の基本を、教えてください。

あまり難しく考えすぎない事です。具体的には短い時間の中で自分という存在をいかにPRするかということですが、

1.服装
2.礼儀正しさ
3.質問に対する応答
4.企業に対する質問

1と2に関しては、書店に様々な参考本が出ていますのでそちらをご参照ください。
3に関してですが、質問はある程度想定したうえで、答えを用意しておいた方が無難でしょう。志望動機や自己PRなどです。当然、会社案内パンフレット位は、すべて目を通しておいてください。ただ、過信しすぎると想定外の質問が出た場合パニックに陥りますので、リラックスして対応してください。
4ですが、企業が答えに窮するような質問は、ある意味失礼にあたるので避けた方が無難です。質問しないのも印象が薄くなりますので、将来のビジョンなど先方が喜んで語ってくれるものが良いと思います。

journal-content-title04

就職活動を行う上で避けて通れないのが、面接です。いかに自分のことを説明できるか、熱意をきちんと伝えられるか、面接を受けるうえでのマナーなど気をつけるポイントはたくさんあります。

journal-content-deco03

journal-content-title05

就職活動の最初の通過点であるES・履歴書。面接に進むためにはしっかりと自分自身を伝えて「この人に会ってみたい」と思われなければなりません。また、企業には多くのESが届くので、最後まで読まれることも重要となってきます。時間とあなたの思いが伝わるようにポイントをおさえたES作りをしていきましょう。

journal-content-deco04
履歴書・ESについてのQ&A
Q1

自己分析のやり方を教えてください。

Answerを見る

自己分析のやり方を教えてください。

まずは、今までのご自身を振り返り、ご自身がどういう人間か、どういう性格か改めて見つめ直してください。
自身が今までやってきたことや好きだった事嫌いだった事を書き出してみたり、自己分析の適職診断テストをやってみましょう。
また、友達や家族などにも「私ってどんな人?」という質問をして、まとめてみたりすると、自分の思っている自分と他人から見た自分が比較でき、仕事選びの参考になることがありますのでオススメします。

Q2

自己PRの内容についてですが、書ききれないほどたくさんあります。粘り強い・コミュニケーション上手・負けず嫌い・やると決めたらやる…など。
そこで質問の内容なのですが、自己PRなどで自分の長所を聞かれた時には、どのような自分を出せばいいのでしょうか?

Answerを見る

自己PRの内容についてですが、書ききれないほどたくさんあります。粘り強い・コミュニケーション上手・負けず嫌い・やると決めたらやる…など。
そこで質問の内容なのですが、自己PRなどで自分の長所を聞かれた時には、どのような自分を出せばいいのでしょうか?

まずは、自己分析を行う事が大切だと思います。過去を振り返り、自己分析をし、自分のやりたい事や、出来る事、または出来ない事を明確にしてください。またその際にご家族や友人の方に意見を聞くのも良いと思います。自分では気がつかない点が発見できるでしょう。
今までの経験上のエピソードをご自身の長所の「根拠」として話すことで、相手にも的確に伝えることができると思います。くれぐれも「就職活動の為の偽りの自分」を作らず、ありのままのご自身を表現してください。面接で自己PRをする際は文章を丸覚えするのではなく、多少間違えても構わないのでしっかりと自分の言葉で話す事も非常に大切な点です。

Q3

自己PRと学生時代に力を入れた事柄がかぶってしまうのですが、かぶらないほうがいいでしょうか?

Answerを見る

Answer

自己PRと学生時代に力を入れたことに関してですが、同じでも問題はないと思います。学生時代に力を入れたことが、経験となり成長できたならそれは自分の強みだからです。
例えば、何事にも積極的になったとか、自ら意見を言えるようになったなど、学生時代の経験が自分のアピールポイントに繋がらなかったならば、自己PRを表現する上で、学生時代の経験の記載は必要だと思います。

Q4

私は大学時代に、アルバイトもサークル活動もせず学業に専念してきたので、社会に関わる経験や協調性がないと思われてしまうのが不安です。アピールポイントも乏しいので、今からでも何か始めたほうがいいのでしょうか?

Answerを見る

私は大学時代に、アルバイトもサークル活動もせず学業に専念してきたので、社会に関わる経験や協調性がないと思われてしまうのが不安です。アピールポイントも乏しいので、今からでも何か始めたほうがいいのでしょうか?

学業はアルバイトやサークルに比べ、アピール力がないと考えているのですね。
企業にアピールするエピソードは、集団の中で取り組んできたことでないと通じないと考えていらっしゃるかもしれませんが、決してそんなことはありません。学業を一番頑張ったのなら、自信を持ってアピールしてください。
最も大切なことは、人事担当者に自分のアピールポイントを分かりやすく伝えることです。
初対面の人間に自分のアピールポイントをわかりやすく伝えるには、アピールするエピソードの具体性がポイントになります。
例えば、困難だった課題をピックアップして、その時どう考えて、どう行動したのか、その経験からどう自分が成長したのか、その経験を企業に就職してどう活かせるのかを、具体的に相手に伝えると良いでしょう。
学業、アルバイト、サークル、趣味・・・どのエピソードを使用するにしても、具体的に説明できれば、相手は納得します。逆に言うと、どのエピソードを使用しても、抽象的で分かりづらければ、面接官の納得は得られないでしょう。
学業の経験の中から、自分の長所をアピールできそうなエピソードを探し、面接や、エントリーシートで具体的に伝えられるようにしましょう。

Q5

エントリーシートで 「あなたが学生生活で力を入れた事はなんですか」という質問がありますが、私は部活やボランティア活動などの経験がありません。このような場合にはどのような事を書けばいいのでしょうか?

Answerを見る

エントリーシートで 「あなたが学生生活で力を入れた事はなんですか」という質問がありますが、私は部活やボランティア活動などの経験がありません。このような場合にはどのような事を書けばいいのでしょうか?

「学生時代に力を入れたこと」とは部活動やボランティアだけを指すものではないですから、ご自身が最も力を入れたことをシンプルにお書きください。それが学業でもアルバイトでも公序良俗に反しない事柄であれば、問題はありません。
力を入れたことが思い当たらないということであれば、じっくり、自己分析をすることをお勧めします。学生時代ただただ、漫然と過ごしてきただけではないはずです。他人に自慢できることである必要はありません。ご自身が自信を持って、力を入れたと思えることであれば良いです。
その際に重要なのは、何に力を入れたかという事柄を書くだけでなく、

「なぜそのことに力を入れたのか?」
「どのように力を入れたのか?」
「力を入れた結果、ご自身がどう成長したのか?」
「その経験から得たものを入社してからどのように活かせるか?」

といったことも書きましょう。
エントリーシートでも面接でも、就職活動はご自身をPRする場です。よりご自身らしさの伝わる魅力的な内容に仕上げるよう心がけてください。

journal-content-banner